株式での現物サヤ取り

30.10.18

 

商品の限月間サヤ取り、株式での異銘柄サヤ取りの特徴は

「同時出会い」で仕掛け、「同時出会い」で手仕舞いする。

サヤの変動を読み違えれば損になるのは片張りと同じである。

 

そうした難点がないのが、株のコストダウン(株式での現物サヤ取り)である。

 株のコストダウンは商品の現物サヤ取りと同じである。

 

 商品の現物サヤ取りは、例えば 小豆の現物を手持ちして、ベーシスが大きくなった時、

高値の先物をツナギで売っておいて、先物−現物のポジションを持つ。

その後、先物が安値になった時に買い戻して利益を上げる。

 

 安くならなければ、現物を品渡して利益を上げる。というものである。

 「同時出会いサヤ取り」に対して「時期をずらしたサヤ取り」と言えよう。

 

 商品の現物を手持ちすると、金利、倉庫料、品痛みなどのコスト負担があるが、

株式は逆に配当金を受け取りながら、株券を何年でも手持ちできる。

 

 配当金を受け取りながら儲かるので心理的負担が少ない。

 銘柄選択が適切なら、商品の現物サヤ取りに比べて圧倒的に有利である。

 

 株式の場合は、信用売り−現株のポジションとなる。

 現株のコストが時価より安ければ、絶対損しない。

 

株式での現物サヤ取りで生活するには最低でも3千万円の資金が必要だろう。

しかし、この程度の元手で生活できる有利な事業は他にない。

 

☆株式での現物サヤ取りの特徴

@リスクがない

リスクがないというのは仕事として当然の条件である。

現株を所有したコストダウンのリスクはゼロに近く、銀行業務のようなものである。

 

A利益は少ないが確実

投機的売買ではないから事業として成り立つ

 

B心理的負担が少ない

自分で決めたコストダウンの型に従い、淡々と利益を得ていく売買

 

C過大な周辺知識と努力を必要としない

コストダウンにおいて必要なのは意志の強さと実行力のみである。

 

D理論的である

冷静に人気の逆を行って「実利」を取る理論的で知的な仕事である。

 

 

相場戦略研究所 URL http://wedscafe.jounin.jp/